営業時間 9:00~20:00

oohigashi 080−3796−3821

BLOG
ブログ

sungrove

2019.01.27 |ブログ

モダンバレエとは?/尼崎市武庫之荘 バレエ

モダンバレエ

私のスタジオはモダンバレエ・ダンススタジオです。





Q:モダンバレエって何?





A:型にとらわれず自由な表現の現代舞踊です。





Q:ダンスって何ダンス?





A:モダンダンス、コンテンポラリーダンスです。





「ん?よく分からない!」





そう思う方が多いと思います。





1ずつ説明していきますね。





ついてきてください!





まずモダンバレエをお話する上でクラシックバレエの正しい認識が必要なのでクラシックバレエのことを軽〜くお話します。









〜クラシックバレエとは?〜





今の時代、クラシックバレエのお教室はたくさんあり

バレエを習う子が増えているように感じます。





そもそもバレエは鑑賞されることを目的として、





ヨーロッパで貴族が宮殿内で楽しむために作られたものです。





「アン・ドゥ・トロワ!」





「先の硬い靴(トゥシューズ)を履いて





つま先でトコトコ〜〜!!」





なんとなく想像つきますよね?笑





あの優雅な雰囲気は





”ヨーロッパの貴族の鑑賞のための舞踊”が元になっています。





納得ですよね。





雰囲気だけでなく簡単に説明すると、





セリフや歌を用いらず表現する舞台舞踊のことです。





物語や振り付けなどが決まっており、

決められた中でその役をどのように表現するかも問われます。





クラシックバレエで踊られるものは

物語のある古典作品が中心となっています。





※古典作品

(「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」など)





このように歴史ある踊りを正しく伝えていくことがクラシックバレエ教室の大事なところだと思います。










〜モダンバレエとは?〜





ではモダンバレエとはなんなのか?





モダンバレエとは、現代バレエです。





そのままですね。笑





物語や振り付けなどは決まっておらず





現代を生きる振付者(先生)の独特の世界観で作り出される踊りです。





クラシックバレエのように型は決まっておらず





裸足で踊ったり、





バレエシューズで踊ったり、





作品によっては、トゥシューズで踊ることもあります。





衣装もチュチュではなく





ロングスカートやズボンの場合もあります。





基盤はクラシックバレエの基礎と同じなので、





クラシックバレエのレッスンと似たところもありますが





動きは先生によって様々なので





レッスン内容もお教室によって変わってくると思います。





宮殿舞踊のような雰囲気の作品ではなく





日常に近い出来事や感情、





風景などを題材にしていることが多いです。





見ている側も





感動や癒し、なんだか勇気がわいた、エネルギーを感じた





などを感じる方が多いようです。





モダンバレエ教室は残念ながら少ないです。





これはクラシックバレエを習ってきた人が多くても





モダンやコンテンポラリーを踊ってきている人が少ないことを表しています。





ただこれからの時代、このような踊りを求められることが多くなってきています。





今はクラシックバレエをされている人も臆さずチャレンジしてみてほしいと思います。





モダンバレエ・モダンダンススタジオは日々の感情や景色に目をむけ、日々創作し続けることが必要となります。









〜尼崎市武庫之荘にある当スタジオの理念〜





私のスタジオではクラシックバレエの基礎をきっちり学んでから、モダンバレエ、モダンダンス、コンテンポラリーダンスへと発展していきます。





「すべての踊りはクラシックバレエから!!」





というのが私の考えです。





どんな踊りも美的感覚はとても大事です。





クラシックバレエの基礎で体を鍛え、





モダンバレエ・モダンダンス・コンテンポラリーダンスで





表現力や発想(作り出す力)を鍛えてほしいです。






















大東紗モダンバレエ・ダンススタジオ





https://sayaballetdance.com/





コンテンポラリーダンス

oohigashi