営業時間 9:00~20:00

oohigashi 080−3796−3821

BLOG
ブログ

sungrove

2018.09.27 |よくあるバレエの質問

バレエってやっぱり値段高いの?相場は?/尼崎 バレエスタジオ

「みなさんの中でバレエってどんなイメージですか?」と聞くと、だいたい「敷居が高い」「お金持ちの習い事」「先生が厳しい」とこのような声をよく聞きます。
確かに昔はお高い習い事だったと思います。
しかし今はその考え方、もう古いです。

バレエ用具1つにしてもお安く販売しているショップ様はたくさんあります。
腰を重くせず、1度バレエレッスンを体験してみて下さい。

今日は、尼崎にある私のスタジオの料金設定とそこに込めた願いについてお話ししようと思います。

ーバレエの相場についてー

お教室の場所や年齢によって前後しますが、だいだい入会金1万円、お月謝8000円前後/週1回(月4回)が相場となります。発表会は1人10万以上かかると思って下さい。
これを聞くと驚く方が大半です。でも現実、バレエというものの相場はこのあたりです。
もちろんこれ以上のお値段でレッスンを行っているスタジオ様もいらっしゃいますし、もっとコストを抑えて運営されているところもあります。

バレエの衣装

ーなぜそんなにお金がかかるのかー

バレエはもともとヨーロッパの宮廷で貴族が楽しんでいたものです。
それが日本にきて今に至るわけです。お高いイメージも無理ないですよね。。

あまり知られていませんが、バレエの先生は資格がいりません。
私の周りでは小さな頃からバレエ一筋で頑張ってきて先生になられている方がほとんどです。
私も3歳からバレエを始め、一度もやめることなく続けてきてます。
それほどバレエは奥が深く、1年や2年で習得出来るものではないということですね。

さて、発表会などで着るお衣装、おいくらぐらいすると思いますか?
実はレンタルで安くても1万円〜、購入となると最低でも8万以上します。(年齢や役柄、お衣装の販売元によって値段は変わります。)
これもあって発表会はお金がかかるのですよ。
(ただし、成長出来る場、感動や思い出を共有できるのが発表会のいいところですね。)

今のスタジオ様は先生の横の繋がりなどで上手にやられているところもあります。
手頃な価格でバレエ用品を販売しているメーカー様もいらっしゃいますし、バレエを始めるのに気負いする時代ではありません。
始めるにあたって、レオタード(バレエのお洋服)、バレエ用タイツ、バレエシューズ、この3点は必ず必要になると思います。
これも高いものはレオタード1万円ほどしますし、1000円で用意する買い物上手なお母様もいらっしゃいます。
お金をかけるところは人それぞれです。
賢く貯めて、賢く使いましょう。

ー当スタジオの価格帯ー

私の運営する尼崎市のバレエスタジオは2・3歳児クラスで1レッスン850円です。
前の文をお読みいただいていたらこの値段はびっくりしますよね。
これは2・3歳児専用のクラスで10回券購入時の1レッスンの金額です。
(ちなみに幼児科は5500円/月です。)

尼崎スタジオの2・3歳児クラス、大人の美容バレエクラスはチケット制です。
正直この2つのクラスは出席率100%は難しいと思っていてチケット制にしました。というのも、まだまだベビーの2歳3歳児、体調も崩しやすく、親御様も1レッスン付き添っていただかなくてはなりません。
お月謝制ではリスクが大きいなぁと感じ、自分で運営するときはベビークラスと大人のクラスはチケット制にしようと決めていました。
なるべく負担なく始めてほしい、まず一歩バレエに近づいてほしい、という気持ちからリスクの少ないチケット制にしています。

また入会金は2・3歳児&美容バレエクラスは5000円です。
こちらは体験時に入会を決めて頂ける場合は半額になります。ってことは2500円です。
安っ!と自分でも思います。
これだけ価格を落としているのにはもう一つ理由かあります。
それは、私がバレエを始めるなら3歳前後をおすすめしているからです。
長くなってしまったので、この話は次回にしましょう。

尼崎市バレエ教室なら、大東紗モダンバレエダンススタジオ
紗バレエホームページ
oohigashi